FX初心者副業稼げる

副業初心者が稼ぎたいならFXがおすすめ!やってはいけないことも解説

副業初心者でもしっかりと稼いで、本業以外の収入源を確保したいと思っている人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、資産運用の一つとして人気の高いFXです。

この記事では、副業初心者FX稼げる理由や稼ぐためにやること、やってはいけないことを解説します。

FXを始めたいと思っている人、FXで収入源を確保したい人は最後までご覧ください。

副業初心者がFXで稼げる理由

副業初心者がFXで稼げる理由はおもに3つあります。

まずはそれぞれの理由について知っておきましょう。

平日いつでも取引できる

FX取引は平日であれば24時間いつでも取引可能です。

FXと同じ資産運用の1つでもある株式投資も人気ですが、取引可能な時間帯が日中9時〜15時であるため本業がある場合は取引が難しいでしょう。

しかし、24時間取引が可能なFXであれば、朝・出勤中・休憩中・退勤中・夜など本業のない時間などで取引ができます。

FXの海外市場のなかには夜に活発になる市場もあり、特に活発になるのがNY市場とロンドン市場が重なる時間帯(日本時間21:00〜25:00)です。

この時間帯であれば多くの人は既に自宅に帰っており、FX取引に参加できるでしょう。

小額から始められる

資産運用のなかには、10万円以上の運用資金が必要な場合があります。

しかし、FXであればレバレッジをかけた取引が可能であるため、小額からの取引が可能です。

レバレッジとはてこの原理といった意味があり、有効保証金の数倍もの資金取引で切る仕組みで、日本では最大25倍のレバレッジがかけられます。

FX取引を行う会社や通貨ペアによって最低限必要な資金が異なりますが、多くは数千円で場合によっては数百円から取引ができることもあります。

副業に当たらないことが多い

FXは正確には株式投資や投資信託と同じように資産運用の1つであり、労働をして収入を得る副業には当たらない場合が多いです。

そのため、就業規則で副業禁止といった記載があってもFXを行っても問題ないでしょう。

ただ、保険会社や銀行などの金融商品を取り扱っている業種はFXなどの取引が禁止されている場合があります。

また、就業規則にFX禁止やFXを含む副業禁止と記載がある場合、FX取引がバレてしまうと最悪の懲戒解雇になる可能性もあります。

FXを始める際には、就業規則などを確認してFX禁止などの文言がないか確認しておきましょう。

副業初心者がFXで稼げる理由

FXで稼ぐためにやること

FXを始めたいと思っても、まず何をするとよいか分からない人も多いかもしれません。

ここでは、FXで稼ぐためにまずやってほしいことを4つ紹介します。

仕組みとリスクを理解する

まずはFXとは何か、どういった仕組みで利益を得るのか、どういったリスクがあるのかを理解しておきましょう。

FXは、日々価格が変動する米国ドル/円やユーロ/円などの売買を行い、その差額を利益として受け取ります。

米国ドル/円で利益を得る流れはおもに以下のとおりです。

  1. 1ドル100円のときに1万円分のドルを購入する
  2. 1ドル120円になったら1万円分のドルを売る
  3. そうなると「12,000-10,000」となるため、差額の2,000円が利益

また、FXは資産運用の1つであるため、売買をすれば必ず利益が得られるわけではありません。

売買のタイミングによっては、損失が出てしまうリスクもある点は必ず知っておきましょう。

トレードスタイルを理解する

FXのトレードスタイルには、注文の頻度や注文の保有期間によって3つに分けられます。

3つのトレードスタイルはそれぞれ以下のとおりです。

短期 スキャルピングトレード ・数十秒~数分で注文と決済を行うトレードスタイル

・1回の利益は少ないが、損失も抑えられる

中期 デイトレード ・注文したものを当日中に決済するトレードスタイル

・金利差の支払いが必要なマイナススワップの影響を受けない

長期 スイングトレード ・注文したもの数日~数週間保有する

・大きな利益を得られる可能性があり

・マイナススワップや価格変動で損失リスクも高い

FX初心者であれば、スキャルピングトレードやデイトレードがおすすめです。

損失リスクも低いため、まずはFX取引に慣れて行きましょう。

環境を整える

FXはパソコンやスマホがあれば取引ができますが、ネットで取引を行う関係で通信環境をしっかりと整えておく必要があります。

通信速度が遅い環境では常に動き続ける価格変動に対応できず、売買したかったタイミングを逃してしまうかもしれません。

常に安定した取引環境を用意できるように、通信環境には注意しておきましょう。

継続可能な運用

FXはすぐに利益が出せるようになるわけではなく、継続して続けていくことが大切です。

1度に大きな金額を投資すると大きな利益が得られるかもしれません。

しかし、その分大きな損失が生じてしまう可能性もあります。

FX取引は継続が可能で、生活には支障がない範囲の資金で運用を行うようにしましょう。

FXで稼ぐためにやってはいけないことは?

FXで稼ぐためにやってはいけないことは?

FXで稼ぎたいと思っている人にはぜひ知っておいてほしい、「やってはいけないこと」があります。

FXで稼ぎたいと思っている人は、ここで解説している点には十分注意して進めて行きましょう。

詐欺には十分に注意する

最近は「FX初心者向け!絶対に稼げるようになるコツ!」「絶対に億万長者になれる自動売買システム」などのネット商材などが多く販売されています。

FXで稼ぐコツなどは存在しますが、資産運用であるFXにおいて「絶対に」はありません。

FX取引を行うプロでも損失が生じることはあります。

「絶対に」と謡っていたり、数万する教材やシステムだったりの多くは詐欺です。

損失が生じたり、なかなか思うように稼げなかったりすると、ついついこういったものに手を出したくなるかもしれません。

FXを勉強する際には、詐欺教材などには十分に注意しましょう。

ギャンブル的刺激を求める

FXにギャンブル的刺激を求めるのは危険です。

日本では最大25倍のレバレッジがかけられ、1万円の運用資金で最大25万円の取引ができます。

レバレッジなしで1,000円の利益がでた場合、もし同じ取引をレバレッジ25倍で行った場合、2万5,000円の利益をだせることになります。

高いレバレッジで取引をすれば得られる利益は大きいですが、その分生じる損失も大きいです。

初心者がギャンブル的刺激を求め、高レバレッジで取引を行うのではなく、まずは低レバレッジで取引に慣れていきましょう。

複数の通貨ペアで取引を行う

通貨ペアは同時進行で複数取引を行うこともできますが、初心者が複数の通貨ペアに手をだすと管理が難しいためおすすめしません。

まずは米国ドル/円やユーロ/円などのメジャーな通貨ペアを1つ、2つ程度取引を行うようにしましょう。

1つ2つの通貨ペアで取引に慣れてから、少しずつ取引を行う通貨ペアを増やすようにしましょう。

まとめ

FXは、平日いつでも取引ができる点や小額から始められる点から副業初心者におすすめです。

FXで稼ぐためにはFXの仕組みやリスク、トレードスタイルなどを理解したうえで進めましょう。

ただ、FXで稼ぎたい一心で詐欺教材や高レバレッジ取引などに手をだすのは危険です。

まずは、1つ2つの通貨ペアの低レバレッジでコツコツと取引を行い、FXに慣れてから少しずつ通貨ペアやレバレッジを上げていきましょう。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button